うつ病その対応について

 うつ病その対応について

うつ病とは、心の病と言われていますがその実、どういう病気でしょうか。うつ病とは気分障害の1つと言われています。うつ病を患っている人は、外見からは普通の人とあまり変わりません。しかし突然テンションが上がったかと思えば、急にテンションが下がったり、食欲が無くなったり、睡眠が良く取れなくなったりする症状が特徴的です。うつ病は、まさに心の病、精神の疾患です。

その原因は、仕事などでのストレスが多く言われていますが、実際のところうつ病の原因を特定するのは困難であるといわれています。私の周りにもうつ病を患っていた人がいましたが、特に対応に困ったとかはありませんでした。いたっていつもどおりに接していました。その方は定期的に病院に通っていたようでしたが、いつも通りでしたので、うつ病であることの苦しみは良くわかりませんでした。ただ1つだけ対応に気をつけたことは、「頑張って」とか励ましの言葉をかけるのはよくないと聞いていましたので、励ましの言葉をかけるのだけはしませんでした。

スポンサーリンク

 

うつ病に治療に関する対応方法は、1つは抗うつ薬がよく効くと言われており、治療しなくても時間が経てば治っているといる場合があるそうです。とはいえ重症なうつ病の人は、自傷行為を行ったり、またはまわりの人間を傷つけたりすると聞きますので、良い対応をしたいです。

対応の1つとしては、これはどの病気にもあてはまりますが、休ませることが大事です。この対応は周りの理解が十分に必要ですね。また前にも書きましたが、励ましの言葉をかけたり、気分転換をさせたりという対応はよくありません。この行為は逆に心にプレッシャーを与えてしまうようです。

スポンサーリンク

 

うつ病を治す対応としては、抗うつ薬を投薬すると言われていますが、これはうつ病に程度によるらしいです。軽度のうつ病患者には投薬は避けるべきであるいうガイドラインもあります。しかし重度のうつ病患者には投薬治療は重要であるといわれています。医師の判断を仰ぎましょう。

最後にうつ病患者と接する方は、親身になり過ぎてしまうと自分自身が疲弊してしまいます。これが実は1番良くないといわれています。介護とかもそうですが共倒れの可能性があります。支えるほうもあまりナーバスになり過ぎず、生活もうつ病患者に対する接し方も、いつも通りの対応するのが一番のようです。

スポンサーリンク