インスタントラーメン 世界を制す

インスタントラーメン 世界を制す

現在、日本だけでなく世界でファーストフードの苦戦が続く中、なんとインスタントラーメン世界でおよそ年間1000億食の消費量があるらしい、文字通りクールジャパン世界を制す!そもそもインスタントラーメン世界を渡ったのは、日本で作られたチキンラーメンがあったからだと思います。チキンラーメンは過熱しないで手軽にラーメンをコンセプトに、日清食品創業者の安藤百福が開発したからです。チキンラーメンインスタントラーメンとして日本で商業的に成功し、そして海外にも展開したが結果は良くなかった、というのも欧米ではどんぶりに入れるという文化がなかった為、そこで試行に思考を重ねて開発したのが、カップヌードルです。カップヌードルインスタントラーメンとして世界に普及し、今日ファーストフードとして世界を制すまでに至っています。とあるフード雑誌ではインスタントラーメンは、世界の人々に欠かせない食事の一部になったとも評論されています。日本ではインスタントラーメンをそのまま食べるのが主流となっていますが世界では各地の土地の食材を合わせて調理して食べる方が多いようです。例えばタコスに詰めたりしたり、サラダに入れたりするそうです。

スポンサーリンク

 

世界で食されているインスタントラーメンですが、欧米で貧乏学生などお金があまりない人の食べ物とイメージされあまり良いイメージではないそうです。これは実際、日本でのイメージも似たようなものだと思います。しかしインスタントラーメン2020年までには約1400億食までに達すると評されており、まさにインスタントラーメン 世界を制すといっても過言ではないです。日清食品創業者の安藤百福はインスタントラーメンのパイオニアと言われておりますが、クールジャパンのパイオニアだといっても良いかもしれません。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)