鬼怒川 決壊

 鬼怒川 決壊

先日の台風による大雨で、鬼怒川決壊した映像がすごすぎる。鬼怒川だけでなく、いばらぎの常総も酷い。たかが雨の為に、鬼怒川決壊し道路が冠水し人や家が流されて死者や行方不明者も出てしまいました。台風による暴風ならまだ理解できますが、豪雨とは言えたかが雨の為にこんなに被害が出るなんて・・・あの光景は以前見た、東日本大震災津波と似ています。大雨だけで鬼怒川決壊するんですね、避難勧告とかが出た、出ていないで揉めているようですが、誰だって雨であんな事になるなんて思いもしないはずです。救助された人達もそんな様なコメントをしていました。

スポンサーリンク

 

しかし東日本大震災から自然災害による被害が多いですよね。地震に始まり、火山の噴火、台風、竜巻、ゲリラ豪雨、どれも被害は甚大です。先日も東京で大きな地震が起こり、そして近々にも、また大きな地震が来るだろうと言われています。このままいくと日本無くなっちゃうんじゃいかと心配です。今回、決壊した鬼怒川ですが、よくテレビのCMなどでお馴染みの観光地だと思っていましたが、よくよくその名称を見て見ると、鬼怒川、鬼が怒る川となんか恐い名称である事に気付きました。しかし昔は、衣川や絹川などの名称であった時もあるそうです。今日の鬼怒川の名称になったのは、明治以降だそうです。しかも何年か置きごとに水害が発生しており、死者も出したこともあるようです。

スポンサーリンク

 

しかし今回、救いという言葉は適切では無いかもしれませんが、鬼怒川の決壊で次々と家が流されているなか一軒だけ流されなかった、白い家がありましたね。避難警報の中この家の住人が何故この白い家留まっていたかと言うと、この白い家は、東日本大震災以降に建築された家で、耐震に強い家だったらしく、施工業者からもこの家に居れば大丈夫と言われていたそうです。前回の災害の教訓が生かされた良い事例だと思います。ですが一難去ってまた一難、阿蘇山噴火し警戒レベルが上がりました。上陸するかわかりませんが、台風20号が発生しました。あらためて日本は自然の恩恵を受けていると同時に自然災害の多い国だという事に気付きました。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)