栄養士の資格について

栄養士の資格について

栄養士資格というのは取得後は、病院で働いたり老人福祉施設、保育園、学校など様々な施設で働くことが出来ますので栄養士需要は高い資格といえると思います。栄養士の資格を取得後は、栄養指導を行ったり、健康のための栄養バランスを考えた食事の提供などを行います。栄養士資格を取得する方法としては、厚生労働省が指定している大学、または短大、そして専門学校で単位を履修して、その上で卒業してから都道府県に栄養士申請をすれば、試験なしで栄養士資格を取得することが可能です。栄養士として実務経験を数年つんだ後に国家試験を受けて合格をすれば管理栄養士資格を取得できるというのも魅力です。

スポンサーリンク

 

栄養士資格を持っていれば、保健所での勤務や病院、学校、給食センターなど様々な場所で働くことが出来ます。最近はフードコーディネーターの資格と併用して栄養士資格を取得して、外食産業で活躍しているという栄養士人も多いようです。他にも栄養士の活躍の場としては食品メーカーなどで健康食品を研究開発したり、栄養士の仕事は多岐にわたっています。外食産業などでも働くことが出来るようになり、栄養士資格を取得している人がフリーで働くというケースも増えているのが現状です。料理研究家、料理コンサルティングといった形の職業についている人も、栄養士資格を持っていることでより仕事の幅を広げることが出来るのでお勧めではないでしょうか。これから栄養士資格というのはまだまだ需要が増えると見込まれています。

スポンサーリンク

 

具体的に栄養士とは何かと言うと、栄養指導を行う者の事を栄養士と言います。今の日本では栄養士は栄養指導を介して、人々の健康を保ったり、病気の予防、治療をすることにニーズがあります。医療機関において栄養士は主に食事療法を行います。給食管理では全体の栄養管理を携わる活動を行います。今の日本は食生活が乱れていますので栄養士は、大変重要かつ必要な人材かと思います。栄養士は今後多岐に渡って活動できる資格だと思います。ただこれから栄養士資格を取得をしたい方、いや資格取得全般に言えることですが資格は、あくまで今後取得する資格の仕事を行うに当たって、必要最低限知っておかなければならない知識です。資格を取っただけで今後の仕事が保障されるとかそういう事ではありません。資格をとってやっとスタートラインに立てたと思ったほうが良いです。資格を取った後も勉強は必要です。身近で例えるならば、自動車の運転免許がいい例だと思います。免許を取得して初めて公道で自動車を運転することを許されそれ以後の運転技術は自分自身で学んでいかなければいけません。むしろ資格を取得した後の方が、大変かもしれません。栄養士資格は男女問わず魅力的かと思います。興味のある方は是非!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)