ゴルフはスイングでしょう

ゴルフスイングでしょう

f:id:masashinden:20150513140846j:plain

ゴルフスイングは、5番アイアンから7番アイアンといったミドルアイアンの中から1本選んで練習をして自分のゴルフスイングをしっかりと確立していくといい練習法になると言われています。なぜこのミドルアイアンを使って練習をするのがいいのかというと、ミドルアイアンが上手にこなせるようになれば、3番や4番といった、ロングアイアンなども上手に使えるようになりますし、逆に8番以降の、ショートアイアンなども使いこなせるようになると言われているからです。しかもゴルフの実際のコースを回る時には、一番使う回数が、多いことから、ミドルアイアンでのゴルフスイングの練習が一番固めておくとよいと言われているのです。自分のスイングが確立するまでにはかなり時間がかかると思いますが、まずは自分がどのミドルアイアンで練習するのか、そこから選ぶことから始めましょう。

スポンサーリンク

 

ゴルフスイングは、正しいスイングを身につけなければ、いくら練習しても上達しません。最初は、誰かプロや、上手な人に教えてもらうというのがいいのかもしれませんね。ゴルフスイングはそれぞれ色々なシーンごとにも違っていますし、使い分けるアイアンによっても違っていると思いますから、まずはどのアイアンで、自分のゴルフスイングを確立するのか、それを選ぶことから始めるといいでしょう。何度もスイングの練習をしているうちに、自分にとってのコツがつかめてきて、正しいゴルフスイングができるようになります。

f:id:masashinden:20150513140941j:plain

ゴルフスイングでしょう その2

ゴルフスイングを正しく綺麗にしたいと思っている場合には、グリップに握り方にも中が必要です。綺麗なスイングに欠かせないのがストロンググリップです。これは右側にねじってスイングをするというような形でストロンググリップで握れば、右肘の部分のボールを打つ余裕を作ることが出来るので、力があまりない女性でも、無理をしないでボールを飛ばすことが出来るグリップの握り方です。

スポンサーリンク

 

スイングの基本としてもグリップの握り方はとても大切ですから覚えておきたいですね。ゴルフスイングのコツとしては、ヘッドを走らせているアイアンのゴルフスイングで安定した飛距離を伸ばすことがポイントです。

f:id:masashinden:20150513141037j:plain

手元が体から離れてしまっている場合には、ゴルフスイングがバラバラになってしまいますから、意外とボールの近くに立ってスイングをすることが大切です。スイングをする間隔としてはボールからこぶし半個分くらい離れた距離に近づくといいと思います。手元が体の近くをスイングしやすくなりますから、自然と正しいスイングゴルフのボールを打つことが出来るのです。ポイントはインパクトで手元がぐらぐらして動くことがないようにすることや、クラブが加速するスペースを減らすことでヘッドを安定させることが可能です。それにより、スイングも安定してまっすぐと飛距離の伸びる安定したスイングが可能になります。ゴルフの基本でもあるアイアンのスイングは難しいかも知れませんが、最初が肝心です。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)