生命保険の解約について

生命保険の解約について

生命保険に加入するのは良いですが、その後長期にわたって保険料を払い続けていかないといけません。生命保険の保険料は安くはないですから、自分の経済事情が芳しくなくなってきたら当然、生命保険解約をしなくてはいけません。どんな商品の契約でも入る時は良いですが、解約は結構面倒ですよね。その中で特に生命保険解約するというのはなかなか大変だと言われています。なぜなら、どうしても営業のスタッフや保険のセールスレディーの人に、生命保険解約について引き止められることが多いので、解約したいと思っても、説得されたり、なかなか解約させてもらえないということも往々としてよくあることだと言われています。生命保険解約したいと思っている人の解約理由は様々にあると思います。

スポンサーリンク

 

他の生命保険に乗り換えようと思って現在の生命保険を解約したい人などが多いと思いますが、そのケースには、現在加入している生命保険を解約をしてから次の保険を探すのではなくて、きちんと新しい先の生命保険の加入の段取りが整ってから、解約をしなければ、万が一、生命保険に未加入の状態の時期があったというケースでは、その生命保険に加入していない間に、もしも命にかかわるようなことがあれば、生命保険に加入していない状態になりますので、それは保障が全くない状態ですから非常に危険です。これから解約をしようと思っている人は、まず解約の手続きを進めるのではなくて、まずは新しい生命保険先の契約を完了させてから解約をしなければいけません。解約をするという場合には、保険会社のスタッフに解約してもらわないといけないと思っている人もいるかもしれませんが、解約をしてもらうというイメージを持っている人は、そのイメージを真っ白にして、自分で解約するくらいの思いでいた方がいいでしょう。解約をすると決めて、次の用意が整っているのであれば、現在加入している生命保険の解約は早ければ早い方がいいので、早めに解約を進めましょう。解約しなければ、保険料がかかってしまいますので、もったいないですね。

スポンサーリンク

 

生命保険の解約にあたってはまず生命保険会社に電話をして解約したい事連絡しましょう。そうすると今後の解約の流れについて話をしてくれると思います。このときに、担当営業に連絡をするがいるのですが、それでは引き止められる可能性が大きいです。引き止められるのを覚悟で電話をするのならいいのですが、生命保険を解約したい意思があるのにそれは誰もがそれは回避したいことですよねそのケースには、担当営業に伝えるのではなくて、直接フリーダイヤルで生命保険会社に解約を問い合わせをするのがいいと思います。そうすれば解約の手続きは淡々と進みますので、面倒なこともありません。解約返戻金があるというケースには、必要書類などを準備して、その上で指定した口座にお金を振り込んでもらうというになりますが、解約返戻金がかからないというケースには、解約の連絡をしないで、生命保険料未払いで権利を失効させるという方法もあります。いずれにせよ生命保険の解約は一筋縄では行きそうにないですね。恋愛と同じで始める時よりも解消する時の方が労力が掛かります。考えてみれば生命保険の加入から解約までは恋愛に似ていますね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)