レーシックのリスク

レーシックのリスク

私は視力が良くないです、ですから朝起きた時、視力が良くなりすっきり見えるようになったらどんなに良いことかと思います。視力を回復させる治療でてっとりばやく回復させるにはレーシックが良いと聞いたことがあります。職場の方で極度の近眼の方がいたのですが、レーシックを行ったら目がすっきりしたと喜んでいました。しかもレーシック手術もそんなに体に負担がなかったといっていました。うらやましい限りです。レーシック私も行ってみようかとも思いますが、レーシックでどうも目にメスを入れるのが受け入れられないです。レーシックを行って失敗したらどうしようとか・・それではレーシックって言葉は良く聞きますが、レーシックって具体的になんだろうとか、そのリスクとはとか、やっぱり1番レーシックによるリスクが気になります。そういうことで私自身でレーシック、そしてレーシックによるリスクを調べてみました。

スポンサーリンク

 

まずはじめに、レーシックとはなんでしょうか、レーシックとは眼球の表面にエキシマレーザーといわれるレーザーを照射して角膜の曲率を変えて視力を矯正することです。なのでレーシックとは視力を直すというよりも、矯正して正規の視力に戻すと言ったほうがよいと思います。レーシックの技術は1990年代にアメリカを中心にレーシックの手術方法が世間に認識されるようになったと言われております。当然レーシックにはリスクがあります。手術を行うだけで視力が戻るとは言っても、そんなにシンプルことでもありません。レーシック手術の施術にかかる時間は数十分で終わるとは思いますが、往々にしてリスクはあります。レーシックには合併症になるリスクがあることは知った上で手術を行うようにしましょう。しかしながらレーシックのリスクは、いくらでも減少させることや修正させることは不可能ではありませんそれに信用できる眼科でレーシックを施術されることこれ重要なことです。レーシックを行う眼科眼科医の技術によって、リスク軽減可能です。レーシックを施術を受ける時には、最初に利点ばかりに目を向けるのもいいのですがリスクについてもきちん確認した上で、レーシックを受けるようにしましょう。どんなことでもそうですがリスクの確認は非常に大切です。

スポンサーリンク

 

実際にはどんなリスクがあるのかというと、合併症についてですが、ハログレア現象と言われる合併症になる場合があるといわれています。これは明るい光の周りがぼやんでて見えるという事象で、明るい光を見ても眩しく感じる症状のことをいいます。レーシックの手術を施術されてしばらくの時間はこの合併症を体感する方が多いですが、個人差にもよりますが長い人でも12ヶ月経過すればこのリスクは無効にできるとのことです。それ以外にもレーシックのリスクとしてドライアイになってしまったり、感染症にかかったり、一時的に視力が回復してもまた近視になる場合もあるとされています。衛生上の問題で角膜に感染症を患ったり、ドライアイになったりと失明の報告は今のところ聞きませんが、様々なリスクの症例を耳にすることが多くなってきました。目にメスを入れるわけですからやはりリスクはありますよね、レーシックを受けようと検討しているのでしたら、リスクを認識した上でそして眼科医とよく相談し、その上でレーシックを受けるか判断した方がよいと思います。しかし今後もしかして、レーシック以外のことで視力が良くなる治療が出てくるかもしれませんし、メガネのデザインも様々あり、もはやファッションの一部という認識もあります、レーシックのリスクを受け入れてレーシックを受けるより、メガネやコンタクトで視力を補えるのならその方が良いかもしれませんが、多少の不便は人生にはつき物ですしね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)