モモちゃんとあかねちゃんシリーズ・・・著松谷みよ子さん

モモちゃんとあかねちゃんシリーズ・・・著松谷みよ子さん

モモちゃんとあかねちゃんシリーズは松谷みよ子さんの児童文学の名著であり代表作です。ストーリーのおもしろさもありますが、上表紙の人形が何ともかわいいです。1964年に第1巻が発売されてから第6巻で終わるまで、32年も費やしたそうです。1巻で出生したモモちゃんは、6巻では中学生へと成長します。妹さんのアカネちゃんも小学生に成長します。全巻通して読んでみると、児童書というよりファミリーを主題にした素晴しい文学作品です。成人になってから読んでもとても良いと思います。子供の時の気持ちを思い出し温か心持ちになれます。

スポンサーリンク

 

どこにでもありそうな、人並みの家族であるママやモモちゃんの家族に、擬人観された食物や生き物がさりげなくやってくるファンタジー著書。シリーズが続いて起こるにつれ離縁という大きな再度ストーリーを通じて、ママをフォーカスとするファミリーの心痛も書かれています。反戦話をこめたストーリーも何本かありますが、これはこのジェネレーションの著者たちが、太平洋戦争時下での危難を実際に経験したことから来ているそうです。ファミリーの4人は完全に松谷みよ子さんの家庭がひな形となっているそうです。

スポンサーリンク

 

ストーリーを書くきっかけとなったのも、モモちゃんのひな形となった松谷みよ子さんの長女が4歳の時「自らが赤ん坊だったときの噺をして」とせがまれた事による。原書シリーズの形成考案は、父親のひな形である元夫の瀬川拓男氏。繊細挿話や暗示の内側にも、実在した小さな事象がリスペクトとされているものが多くあるそうです。 発行は「母の友」196010月号に掲載された「三つになったモモ」にもどり、6巻完結まで32年という歳月をかけた。松谷みよ子さんの加盟していた童話書き物集団、びわの実会代表の坪田譲治氏は「この著を捨ててはいけない。継続して製作しなさい」と勧めしてくれたというらしいです。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)