まちかど情報室3月2日出来たてのパンを保存

まちかど情報室3月2日出来たてのパンを保存

まちかど情報室3月2日「パンをおいしく」放送で紹介された商品情報

・出来たてのパンを保存

「ヘンプブレッドバスケット Rigel・リゲル」

ヨーロッパで食されるパンの保存や発酵時には、麻が多く利用されています。パンが主食の為、その日の内に食べるというのが前提ですが、パン用の入れ物が各家庭にあり、手作りの麻製のものなどを目にするのはとても微笑ましいものです。本来、バゲットなどのパンはイーストと塩と小麦粉だけで6時間かけて作る発酵食品。焼き上がりの表面の香ばしさや美味しさを損なわないためには、買ってきた日に食べるか、布(できれば麻製)で包むか、紙袋などにいれるかして、呼吸をさえぎらないことです。ヘンプは、通気性が良く、焼きたてのパンの熱気を程よく逃がすので、ビニール等にくるまれたパンのように湿気で表面の香ばしい食感を損なうことがありません。

ほんわりと焼きたてのパンのような味わいを楽しむなら、付属の天然素材の穀物のピローを電子レンジで温め、内側のポケットにいれておくと、卓上であたたかいパンがいただけます。人が集まる席などでも、パンをあたためるために席を立つ必要がありません。

購入はこちらからどうぞ

http://molfo.net/jp/shop/products/hemp-bread-basket-rigel/